トピックス

 

トピックス

トピックス
1
 
空から見た小川南中学校解体の様子(動画あり)
2017-09-05
先日、6か月間にわたる小川南中学校(小美玉市)の解体工事が無事終了しました。
 
 この中学校の卒業生でもある大曾根さんという方が、空から見た現場の様子をYouTubeに載せて下っています。
作業中の写真ではありませんが、ドローンによる空撮のため、広々とした敷地に建っていた中学校の様子がよく分かります。
大曾根さんの中学校時代のなつかしい思い出と共に映像の背景には優しい音楽が流れています。
 
 この敷地には、旧小川町の二つの小学校が「小川南小学校」として新たに建設される予定とのことです。
引き続き小美玉の子供たちがこの大らかな土地で伸び伸びと育って行くことを祈っています。
 
                  (記)
 
      旧小川南中学校解体工事 (平成29年2月21日~8月31日)
 
        校  舎 : RC造 3階建   3,822.00㎡
        柔剣道場 : S 造  1階建    189.38㎡
        卓 球 場  : W 造 1階建    169.35㎡
        渡り廊下 : S 造 1階建    101.65㎡
        自転車置場:   S 造  1階建    195.16㎡     
 
 
なぜ憲法改正?
2017-09-05
「憲法改正」という話題を耳にされている方々は沢山いらっしゃると思います。
 
 現安倍政権がしばらく続くとすれば、以前から安倍総理の悲願であった憲法改正の是非が、国民投票において私たち一人一人の国民の判断にゆだねられる可能性が高くなります。
 
弊社も営利企業の一つですが、こうして経営が出来ているのも国が正常な状態でいるからこそ、と思います。これまでの戦後70年は国が安泰であったからこそ私たち企業も存続できましたし、逆に国自体に危機が起こればそれが難しくなると思います。
 
その上で、なぜ憲法改正が必要なのか、そもそも日本の憲法とはどのように、何を目指して作られたのか、ということを知ることは私たちにとって大事なことだと思います。
 
以下のサイトは、それを考える資料の一つとして参考にしていただければ幸いです。
 
世界は変わった日本国憲法は?」https://www.youtube.com/watch?v=7GQIhxUMDzA
 戦後の日本国憲法の成り立ち、その憲法のとこが問題なのか等を分かりやすく映画形式で解説しているYoutube動画です。
 監修:桜井よしこ、百地章  ナレーション:津川雅彦
 
 以前から論議の的となっていた憲法9条について、分かりやすく解説してるブログです。
 
水戸谷津石の販売について
2015-09-24
水戸リサイクルセンターのある水戸谷津町は昔から「谷津石」として利用されてきました。当センター建設時にも沢山の谷津石が砕石されました。庭石、家庭内観賞用などにご利用の方にお譲りいたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
 
現場作業写真を追加しました
2015-09-11
 
福島第一原発の収束に向けて
2015-03-10
 一日前の今日、テレビでも他のメディアでも東日本大震災4年目の報道がされていますが、日本中の人々がそれぞれに当時のことを思い出していることと思います。
 
社長は当時セメント工場解体の下見の最中で、一瞬のうちに舞い上がった白いセメント粉で何も見えなくなり、周りでは建物の崩れ落ちる音が響き、これでもう終わりかと思ったそうです。幸い工場の担当者の方々が探しに来て出口へ案内して下さった為、やっと一息つくことができたとのこと。全身粉だらけで帰ってきたことを思い出しました。しかし現地で津波に巻き込まれ、またご家族を失った方々に比べればこのような体験はもちろんその足元にも及びません。
 
震災4年目を迎えた今一番強く記憶に残ることは、当時福島第一原発の対応に身を呈して対応された方々のことです。そして今尚、私たちの国の為に前例のない困難な作業に取り組み続けておられる方々のことです。 
「原発の火を鎮めんと出づる人 阿修羅のごとく 菩薩のごとし」 
 
頭の下がる思いで当時こんな句が浮かびました。
 
この方々のご尽力が一日も早く実を結びますよう、祈っていただければ幸いです。 
祈りは、特に多くの方々による祈りは、必ず叶えられると信じるからです。
ご協力ありがとうございます!
 
 
4月1日当社リサイクル施設がオープンします!
2014-03-28
十数年来の社長の念願でありましたリサイクルセンターがようやく4月1日より開業することになりました。その間株木建設、筑波銀行はじめ沢山の方々のお世話になりました。
ずっと以前に開業し長年の業務経験を蓄積されてきた産廃処理会社の皆様に比べると、まだまだ生まれ立ての赤子のようでもあり、いろいろな意味でハンディもありますが、社員一同知恵を絞りながら、皆様に喜んで利用される施設になるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。
 
アップデート再開しました。
2014-03-28
東日本大震災の年からこのページの更新がストップしていましたが、ようやく再開することになりました。あの劇的な年以来、世の中も政治も様々に変化しました。一昨年自民党が政権を担って以来、やっと私たちの国も地に足を付け始めたように感じています。これから日本再建に向かって微力ながら努力していきたいと思います。
 
 
4tアームロール車を購入しました。
2011-09-01
今回からボディーカラーをグリーンからオレンジに変更しました。派手な色のせいかプラモデルのように見えます。
末永く元気に働いてくれるよう願っています。
 
センチュリープラザ那珂を解体しています。
2011-08-27
18年にわたり地元の主要な結婚式場として活躍してきた総床面積約1000坪の大きな建物ですが、震災の被害
を受けその幕を閉じることとなりました。このような豪華な設備の建物を壊すのはやはり心が痛みます。まだまだ
使える大量の食器類は幸い介護施設の方などが利用してくれることになり、ほっとしています。
現在内装撤去が終わり建物本体を解体中です。
 
Light Up Nipponの花火大会が東北の被災地10箇所で開かれました
2011-08-11
現地へ行くことはできませんでしたが、被災者の人々の真摯な願いが映し出されたような、清楚な本当に美しい花火でした。
1
<<根崎解体工事株式会社>> 〒311-3434 茨城県小美玉市栗又四ケ2455-9 TEL:0299-26-1030 FAX:0299-26-1070